2017年10月30日

ありがとうございます。




こんちには〜。

地域の施設の立場から
「ありがたいな」と思うお誘いがあり・・・行ってきました!!


9月下旬に精神科病院さんの「地域交流会」に参加。
地域の方や、出し物をされる団体さん、学生さん
ご家族の方やスタッフのご家族、関係機関、ボランティアの方
そして、私たち施設と子供さんから大人の方まで
沢山の方が参加。

また、プログラムにお医者さんからの貴重なそして
わかりやすいお話があり、なんと無料!

外では、私たち障害福祉施設の活動紹介を
行いました。

DSC_1168[1].JPG
DSC_1169[1].JPG
DSC_1170[1].JPG
DSC_1166[1].JPG

施設の存在や活動を知らない方もいらっしゃると思います。
メンバーさん達が頑張ってつくっている商品の存在・・・

沢山の方に知っていただく機会をつくっていただき
ありがたい1日となりました。



菊陽苑ホームページは http://seiseikai.net/

posted by 菊陽苑 at 13:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

短パンはタンスに仕舞い、、、

こんにちは✋気温差が大きくなってきた昨今いかがお過ごしでしょうか

暑い暑いと言いながら塩飴を舐めたりフラペチーノを注文したりしているうちに

菊陽苑

IMG_2361.jpg

秋が

IMG_2360.jpg
秋が

IMG_2362 (1).jpg

秋がキターーー!!!

お仕事をしながら楽しみもある。That's菊陽苑

夏が駆け足だったようにきっと秋もまた早いんでしょうなあ…

秋山にもみつ木の葉の移りなばさらにや秋を見まく欲りせむ
山部王



菊陽苑は随時見学体験受付中
菊陽苑ホームページはhttp://seiseikai.net/
posted by 菊陽苑 at 10:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

木耳キクラゲきくらげ〜

菊陽苑のお隣、大谷の湯のブログootanino-yu.seesaa.net/で、
乾燥きくらげについて書いていましたので・・・
もっと知っていただければ…というより、
私自身がきくらげについてそういえばよく知らず(・_・;) 
調べてみると…きくらげは、キクラゲ科
キクラゲ属の食用キノコで
春から秋にかけてブナやケヤキなどの
倒木に発生するとされています。
海藻と間違えられることも多いですが、
キノコの一種なんですね。

木に生えるのが一般的ですが、菊陽苑バイオセンター
では菌床しいたけに加えて、
きくらげも菌床栽培を行っています。
IMG_3550.JPG



菌床から生えている様子がコチラ。。
IMG_3549.JPG



摘み取りははさみで生え際を少し残して
カットします。

生で食べると歯ごたえバツグン。
柔らかいところと、コリコリした部分がとてもおいしいです。

きくらげはそのほとんどが中国などの輸入品で、
国産きくらげは貴重といえますね⤴⤴
菊陽苑バイオセンターで栽培・収穫している
きくらげは、菌床の元となるチップも種菌も
国産のものを使用していますので純国産きくらげデス!!

きくらげ、漢字で書くと『木耳』、
その名の通り👂な姿形ですね。

栄養成分はビタミンB群、Eを多く含み、
疲労回復や老化防止に有効で、カルシウムや鉄、
マグネシウムなどのミネラル類も豊富で
骨粗しょう症の予防にも効果があるようです



販売は、採れたきくらげを乾燥させて
IMG_3551.JPG

乾燥きくらげとして販売します〜

お湯を使えば早く戻すことができますが、

栄養やうま味が溶け出してしまうので、

水で戻すのが最適です(^〜^)

IMG_3618.JPG



菊陽苑ホームページは http://seiseikai.net/



続きを読む
posted by 菊陽苑 at 08:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする